仕事のストレスを抱え込む意味はない。すべてがどうでもいい過去になる!

この仕事は俺の責任だ!
と、毎日仕事頑張りすぎていませんか?

まずは、毎日お疲れ様です!

ZUMA
労働に敬意を払うことは大事だと思っています。

僕自身もその昔、必死でストレスを抱えながら仕事を頑張ったことがありました。
しかし、その過去の経験から思うことは「仕事のストレスを抱え込む意味はない」ということです。

毎日頑張って仕事している人へ、少しでも気持ちが楽になってくれると幸いです。

スポンサードサーチ

仕事のストレスを抱える意味など1㍉もない

仕事上のストレスって、本当に辛いですよね。
嫌な上司に、無理な納期の仕事、アホな後輩までいたら最悪です。

でも、なんか日本って社会に出たらストレスと戦うものだという印象を植え付けられます。
果たして本当にそうでしょうか?

僕は間違いなく仕事上のストレスなんて「ないほうがいい」と断言します。
それは現在フリーで働いてる現在の僕が、過去で一番所得が多いからです。

やはり、ストレスがないというのは本当に快適です。

ちなみにこの記事は『ストレスフリーな生活を手に入れよう♪』とかいう話ではありません。
仕事上のストレスなんてないほうがいい、という当たり前の話です。

仕事はストレスが金になるわけではないのです。
日本の教育では我慢が美徳のように教えられます。その洗脳を解かない限り、ずっと辛いはずです。

苦労が報われる日なんて来ない

若き日の僕も、「頑張れば報われる」「今は辛いけど、必ず成功する」と本気で思っていました。
心のそこから疑うことなく信じていました。

しかし、現在その時の会社は倒産寸前です。
結論として、続けていても意味がなかったと思います。

僕はユニットリーダーとして、社員50人ほどを束ねる立場でした。
過去にクソ上司や老害しかいない環境でしか働いてこなかった僕は、そんな風にはなりたくないという思いからパワハラなどは一切しませんでした。

(してないつもり)

上司から納得いかないこともあれば、部下に「もっとちゃんとやれよー・・・」と言いたくなることも日常茶飯時。
残業代の出ない仕事を毎日10時-24時くらいまでこなす日々。

2年ほど続けていましたが、僕の生活がよくなることはありませんでした。
ちなみに、50人もいるような場所の割と上の立場で手取りは16万ないくらいでしたw

さすが宮崎県の低所得給料は圧巻です。

人の心には耐久度がある

いつか絶対良くなる!と信じて毎日頑張っていましたが、ある日突然僕の心は故障。

ZUMA
耐久度0の瀕死状態

無遅刻・無欠勤だったのに、その日は目が覚めても無気力で動く気にならない。
会社にいっても「ここで仕事をするのか??」と夢を見ているような感覚。

そんな日々が続き、夜中に公園で意味不明に泣くような日々でした。
信じられないことに高所恐怖症の僕が当時住んでいたマンションの8階に登ってみたところ、真下を見ても怖くなかったんですよね。

飛べと言われたら飛べるくらい、心がイカれていました。
心がイカれるほど働いても、僕の命は月額16万円。

続ける意味なんてないですよ。

頑張ってお金がもらえるならいい。
頑張って楽しいならいい。

辛いなら辞めてしまうほうがいいです。
大変だけど頑張れる!と、辛いは違いますからね。

僕はその体調不良後、しばらくして回復しましたが会社は辞めました。
安い金の会社で精神を削って働く意味なんてないからです。

ブラックリーマンは、ピラミッドを作った人たちよりよっぽど立派な奴隷ですよ。

老害の吐く幻想に惑わされないこと

辛いならさっさと仕事辞めろなんていうと、

  • 仕事は金じゃない
  • 苦労は買ってでもしろというだろ

と言われることもあります。

その発想はきっと立派な老害です。
自分の中に留めておいて、他の人にそんなことは言わないほうがいいでしょう。

仕事は金です。
金は信頼を具現化したもの。

それが少量しかもらえないということは会社と相性が悪いですよ。

そして、僕が一番思うのは苦労やストレス自体に意味はないということです。
苦労したからとか、頑張ったからとか、それは関係ありません。

苦労やストレスは1円になりません。
しっかり考えて、正しい行動をとったか。それだけが重要なんです。

間違った苦労によるストレスを抱えても何も変わりません。
僕の人生は間違った苦労によってストレスを抱えていました。

過去を振り返っても、あの頃があったから今があるなんて思いませんよ。
あの頃もっと賢かったら、今はもっと上にいけていたと思っています。

後悔しても何も変わりませんが、今の僕は正しく苦労する人間になったと思います。

仕事でストレスを抱え込んでる人へ

単刀直入に「それ、意味ないですよ」と言いたいです。
安い金で大切な時間を切り売りした上に、ストレス抱えてうつ病で自殺しますか?

苦労の美学は日本の悪い文化です。

捨てるという選択肢を持ってください。
茶碗に残った米粒のように、気にせず捨ててもバチは当たらないんです。

僕自身は他人事ではなく、そんな体験をしたから語れることがあると思っています。
ストレスのポイントは人それぞれですが、

「ストレスなんてないほうがいい」という当たり前のことをもう一度ゆっくり考えてみてくださいね。
ただ、フリーランスもそれなりにストレスがありますがw

人気記事副業ならスキル0から始められるライターがおすすめ
人気記事必ず辞められる退職代行3選【弁護士監修あり】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です