会社員時代と比較!現役フリーランスが感じる5つメリット

会社員と比べてフリーランスって具体的に何がいいの?

僕はフリーランスとして独立して1年弱です。会社員時代よりもメリットは多いと感じます。

フリーランスになりたいと思っている方でも、具体的なメリットってよくわからないですよね。そこで実際にフリーランスとして生活している僕が感じるメリットを紹介します。

会社員→フリーランスになり1年目の僕だからこそ感じるリアルな感想です。

この記事では、フリーランスになってからの僕が感じるメリットを6つ紹介しています。読み終わる頃には、フリーランスの魅力を理解いただけると思います。

スポンサードサーチ

会社員と比べたときのフリーランスのメリット

フリーランスのメリットはずばり自由です。

  • 時間の自由
  • 場所の自由
  • 人の自由
  • お金の自由

を手に入れることができます。具体的な内容を紹介していきます。

時間が自由

出勤時間や退勤時間という概念がありません。朝が苦手な僕にとってはこれが最大のメリットでした。

夜中に作業、昼まで寝れる

会社員時代でも、持ち帰り仕事が多かったので家で作業することが多かったんです。僕は夜型人間なので、深夜1時でも全然眠くなりませんでした。なので、その時間に次の日の仕事をある程度片付ける。

寝る→朝ものすごく眠い、会社についても午前中はほぼやる気ゼロという最悪のループでした。ちなみに夜中の作業は労働時間としてカウントされませんしね。

フリーランスになってからは、夜中に作業したら次の日は昼過ぎに起きるということができるようになりました。これはとても効率的です。自分の調子のいい時間帯に仕事を片付けるという合理的なやり方ができるようになりました。

急なアポでも対応できる

フリーランスは会社員よりも仕事のチャンスを掴みやすいです。急なアポでもすぐに対応できますし、社会人サークルなど仕事以外のコミュニティにも参加しやすくなります。

病院にいきやすい

会社員のときは病院にいくのにも半休が必要でした。特に歯医者が厄介です。歯医者は何度も通う必要があり、さらに夜遅くに空いてるところは少ないからです。

フリーランスになってからは安定して歯医者に通えるようになりました。自分の健康を第一に考えられるようになりました。

これは子供がいる方にもおすすめしたいメリットです!

セミナー・勉強会に参加しやすい

時間の自由があるのでセミナーなどに参加しやすいです。平日に開催されている有益なセミナーは意外と多いです。勉強の時間が増え、人脈が広がることにもつながるのでかなりおすすめです。

会社員のころは社内にこもってルーティーンだったので、日々新しい情報を入れたいならフリーランスの働き方は便利です。

場所にとらわれない

僕はITフリーランスなので、PCとネット環境があればOKです。場所にとらわれないので出勤する必要もなく、旅行しながら仕事することも可能です。

自宅で仕事をする

僕の場合は自宅で仕事するのが最高です!好きな時に飯くって、好きな時にクソして、好きな時に寝れます。好きな音楽をかけつづけられるのも会社員とは違う利点ですね!

カフェで仕事をする

おしゃれなカフェで仕事するという人も多いですよね。適度に雑音がある方が集中できる人も多いと思います。テラス席で綺麗な景色が見えるところで仕事ができると最高ですね。

旅行先で仕事をする

ノートPCを持ち歩けば旅行先でも仕事が可能です。緊急時でも対応できるので、お客さんに迷惑をかけることも少ないです。飛行機を乗る前の待ち時間、新幹線の中など移動時間もお金に変えることができます。

看護師のフリーランスなど、場所に依存するフリーランスにとっては実現が難しいかもしれません。その場合はライターとしての仕事を抱えられたり、日本全国どこでも引っ越して働けるというメリットで考えてください。

付き合う人間を決められる

フリーランスになると人間関係を強要されることがありません。会社員のときにいた、嫌な上司というものが存在しないからです。

人間関係のストレスを減らしやすい

フリーランスになってから、本当に人に対してイライラする機会がなくなりました。それは嫌な上司がいなくなったというのはもちろんですが、同じ志で仕事をする仲間が増えたからだと思います。

会社という大枠の中では、有能、無能、既得権益の老害など様々なタイプがいます。もちろん損するのは有能な人。

僕が有能だったかは置いておいて、仕事(売り上げ)に対して真剣でした。今では一緒に売り上げを追求できる仲間恵まれているので、ストレスフリーになったのだと思います。

年収上限がない

フリーランスには年収上限はありません。自分次第で青天井です。

収入アップを狙いやすい

フリーランスという働き方は会社員と比べて、大幅に収入アップが狙いやすいのです。会社員の場合は、月5万円給料あげようと思ったら相当大変です。しかし、フリーランスなら初月から可能です。

極端に言えば今の仕事+コンビニバイトをすれば達成できます。

複数の仕事を同時に抱えられることにフリーランスの利点があります。自分の体力と相談しつつ、疲弊しない程度に仕事を増やすとそのまま収入になるのは嬉しいですよね。

税金の負担が軽くなりやすい

フリーランスは会社員と違い個人事業主なので節税することができます。よく耳にすると思いますが、経費というものを使えるようになるからです。

もちろん、なんでもかんでも使えるわけではないですが、仕事に必要なものは経費にできます。

  • 家で仕事してるなら・・・家賃、光熱費、ネット代の数割
  • 外で打ち合わせをしたら・・・食事代、カフェ代
  • 県外で仕事があったら・・・飛行機代、新幹線代などの交通費

売り上げから、このような経費を引いたものが所得になります。会社員時代と同じ生活をしつつも、所得を低くすることができるのです。

所得が低くなると税金を抑えることができます。異常に高い住民税などを低く抑えることができるというわけですね!

まとめ

今回は僕が感じるフリーランスのメリットを紹介しました。ちなみに今回紹介した内容は副業OKの会社なら、ある程度似たことができます!焦ってフリーランス1本にならずとも、副業でもいいかもしれないですね。

メリットはたくさんありますが、どれも自己管理ありき。フリーランスに向いてる性格の人にはおすすめです。あと、フリーランスにもデメリットもあることを忘れないようにしておいてくださいね。

会社員として出世コースから外れている場合は、フリーランスで青天井の年収を狙ってみるのもいいかもしれないですね。行動するのに遅いことはありません、思い立ったら吉日です。

その他のコンテンツもたくさん!
ZUMA
他にも読みたい!と思ったら、こちらのカテゴリ一覧へどうぞ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です