飛び込み営業が調子悪い!そんなときに思い出したいユダヤ人大富豪の『営業5原則』

ユダヤ人大富豪の教え働き方
この記事は約5分で読めます。

営業めちゃくちゃ調子悪い・・・。
全然売れない!!どうすればいいのか・・・。

どうも、ZUMAです。
今回はこんな悩みにお答えします。

僕は現在フリーランスとして生活しています。
営業も自分でやっていて苦戦することもありますが、割と克服できました。

  • 営業の成功原則を知る
  • 人は感情で買う
  • 気分転換も全力で!

受注が取れないというのは営業職として本当に辛いところ。
取れなければ取れないほど、負のループに入ってしまいます。

凹む気持ちは痛いほどわかります。今回は営業さんのそんなお悩み解決記事を書いてみました。
最後まで読んで、ぜひ参考にしてください。

ビジネスはユダヤ人に学ぶ

僕自身もフリーランスで活躍しているので、営業をする機会が多いです。
そんなときに参考にしているのがユダヤ人の教えです。

憂

 ちょっと宗教っぽく聞こえるかもしれませんが、
そうではないので最後まで読んでみてくださいね。

営業の成功5原則

ユダヤ人大富豪の教えの、「営業の成功5原則」です。
わかりやすく表現を変えていますが、こちらの5点です。

  1. 絶対に売ると決める
  2. 信頼される人になる
  3. イメージを湧かせ、感情に訴える
  4. サービスに完璧な知識を持つ
  5. クロージング(契約)させる

1つずつ説明していきます。

絶対に売ると決める

負けが続くと、気持ちも落ちてしまいますよね。
かといって、「次も売れないかも〜」と思って営業に出るのは絶対にダメです。

憂

売るぞ!という気持ちは活力になりますが、売れないかもという気持ちは何のいい効果も生みません。

どうしても気持ちが上がらないときは、一度リフレッシュしましょう。
気持ちを切り替える方法については、後半に記述します。

信頼される人になる

どんなに良い商品でも、信頼されていない人からは買いません。
まずは自分自身がお客様に信頼されているかを再度確認しましょう。

初対面で信頼を得るには、他の人からの口コミや、実績が全てです。
顧客から新しい顧客を紹介してもらえるなら、それが手っ取り早いでしょう。

イメージを湧かせ、感情に訴える
お客さんに良いイメージを湧かせましょう。俗にいうベネフィットです。
ジャパネット高田の社長さんが使うテクニックですね。

例えば、

この大型TV、ご自宅に1台どうでしょう?
リビングにこんな大きなTVがあれば子供たちは部屋にこもらずみんなリビングに出てきますよ!

というように、商品を買うことでどんな素晴らしい未来が来るかを説明してあげます。

良い未来が想像できると欲しくなってしまいますよね。

サービスに完璧な知識を持つ

営業をするなら自分が売っている商品やサービスを細かく説明できるように勉強しておきましょう。
お客さんからの質問に「さあ・・・?」と答えていたら、売れるはずがありませんね。

商品、自分の会社、自分をしっかり説明できることは初歩の初歩です。
ここの準備を怠っていたら、今すぐ準備に取り掛かりましょう。

クロージング(契約)させる

信頼もされた、商品も説明できた、お客さんが買ってもいいなと思ってくれた。
しかし、最後の最後まで気をぬいてはいけません。

お客さんは「また今度買えばいいか」という心理が強いです。
必ずその場で契約を取れる流れをシミュレーションしておきましょう。

一番わかりやすいパターンだと、

  • 今なら○%オフです。このキャンペーン今日までなんです。
  • もう在庫が残りわずかなので、今買わないと在庫切れになります。

などです。
必ずその場で契約を決めてもらうように心がけましょう。

何よりも大切なのは感情。

ユダヤ人大富豪の教えにもこんなことが書いてあります。

感情のないトップセールスマンはおらず、感情のない人間が成功することは難しい。その人間の内にふつふつとした情熱の炎がないとだめだ。それは、人は感情的に人に影響されやすいから。どんなことにも全力でぶつかれば、それを見ていてくれるひとがいる。

データや、仕様などはあくまでも安心感を生む要素です。
欲しいと思わせる部分は、営業マンの感情です。

僕自身も実際に感情に動かされて契約を決めたことがあります。こちらの記事で紹介しています。

自分の熱意や情熱をしっかり伝えましょう。
間違っても「営業成績を伸ばしたい!」という情熱を伝えてはだめです。
「あなたを幸せにしたい」という情熱を伝えるようにしましょう。

気持ちを切り替える方法

営業成績が悪いときにすぐに気持ちを切り替えるなんて、至難の技ですよね。
人間なので落ち込むのは当たり前です。

そんなときは、気分転換に徹してみましょう。
お金を使わずできる気分転換は意外と多いのです。

  • ファミレスで好きなだけ頼む
  • 温泉に入る→ビールを飲む
  • ちょっとだけキャバクラにいく

など、多少のお金があればなんとかなるものは多いです。
気分転換については、こちらの記事で紹介してある内容も参考にしてみてくださいね。

ものは考え方。

気分転換と同時に、考え方を変えてみるのも大事です。
売れないと言うことは、「買わない人のリストが集まった」ということです。

今回はムダに感じますが、次からのムダを削ったことになります。
失敗は成功のもと、前向きにいきましょう。

まとめ

ユダヤの教えを学ぶとは宗教を学ぶことではありません。
僕自身も宗教はわからないので、そこまで踏み込むことはありません。

しかし、ユダヤ人の考え方にはとても驚かされる部分が多いです。
今回ご紹介した本以外でも、ユダヤ人関連の書籍は面白いものが多いです。

ビジネスを学ぶなら、頭の片隅いれておいてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました