【メンズコスメ】男性ファンデーションが品薄!?男性のスキンケア率は36.2%に。

どうもZUMAです。
商業界ONLINEでこんな記事が紹介されていました。

http://shogyokai.jp/articles/-/1691

男性用ファンデーションの生産が追いつかない!?
というテーマです。

男性用のファンデーション?とまだ知らないが多い人も多いと思います。
しかし、最近急激に男性用メイクの需要が高くなっているんです。

特に「できる男」と言われるトップビジネスマンたちは既に男性用化粧品を取り入れています。

スポンサードサーチ

第一印象は、髪型、体型、服装、肌で作られる。

資生堂ジャパンの堀一臣さんは、

”ビジネスマンの外見は髪形、体形、服装、そして肌で第一印象がつくられます。”

と言われています。プライベートでもビジネスでも第一印象が大事。ビジネスマンこそスキンケアの需要が増えているということです。

スキンケアとは
洗顔、化粧水、乳液・クリームなどを総称してスキンケアと呼びます

そして、現在男性のスキンケア率は36.2%とのこと。ビジネスで勝つためにスキンケアをする人が確実に増えています。
肌は暗いと疲れた印象を与えます。肌が乾燥することで暗く見えるのです。

常に肌が潤っている状態は最低限維持したいところですね。

CHANELが男性用メイクを発売

出典:CHANEL

CHANELでは2018年9月に韓国で、2019年1月には日本でも男性用メイクの取り扱いを開始しました。
10代、20代だけではなく、さらに上のビジネスマンから圧倒的な人気のようです。

その中でもファンデーションは人気です。
ファンデーションは塗ることで、肌を明るく見せることができます。

暴飲暴食の男性は顔色があまり良くないですよね。
実際僕も毎日ウイスキーロックを5杯ほど飲んでいた時期はクマがひどかったです。

肝臓の影響は顔色に出ますので、それをごまかすためにもファンデーションは非常に助かります。

男が化粧する必要なんてない?

そんな意見も出ると思いますが、もう古い考えかもしれません。
男が眉毛の手入れをするなんてと言われた時代もあったとおもいますが、今では眉毛をいじる人はかなり多いです。

さらにファッション、筋トレ、ヘアスタイルに気を使ってる人が「ナルシストだ!」なんて言われることがありますよね。
しかし、だらけた体型で不潔なままで良しとするほうがナルシストです。

男性用の化粧品は、不潔感を抑えることや自分を明るく見せるために役立ちます。
目の周りにクマがあるかないかでかなり人の印象は変わってしまいます。

ビジネスでもプライベートで勝負していく上で男は化粧をしていくことが重要になっていくでしょう。

まとめ

これから男性向けの化粧品はさらに加速していくと思います。
恥ずかしいことだと思わずに挑戦していく姿勢が大切かもしれませんね。

これからは男も綺麗でいる時代です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です