Web活用が苦手な担当者必見!1ヶ月20件以上のお問い合わせは可能です。

最近ニュースでは5Gの登場が話題になっています。
これから日本でも5Gは普及していき、さらにインターネットが生活に密接に関わってくることになります。

しかし、中小企業ではまだまだITに弱い企業が多いようです。
僕も以前、贈答品の中小企業で働いていましたがITとは程遠い会社でした。(すでに倒産しました。)

これからの時代は業種を問わず、Web活用は必須です。
今回はWebが苦手な担当者さんのために記事を書きます。

スポンサードサーチ

Web活用の最大のメリット

Web活用は24時間休まない営業マンを置くようなものです。
結果として、継続的にお客様を集められるツールを作り出すことができます。

Web担当者のよくある悩み

中小企業のWeb担当者は「なんとなく」やっている人が非常に多い印象です。
そのため、こんな悩みが多発しています。

  • 年間のお問い合わせがほとんどない
  • 検索エンジン上位にこない
  • 専門業者にお願いしたが変化がない

まずは、こんな状態に陥る原因を認識することが大切です。

Web担当者が結果を出せない原因

Web活用をできていない原因は明確です。

  • 検索エンジン頼り
  • 競合他社との差別化ができていない
  • コンテンツ不足
  • 更新止まり

この原因を取り除けば必ずお問い合わせ件数は増えます。
それでは、この原因に対する解決策を1つずつ見ていきましょう。

Web担当者にぜひやってほしい解決策

何からはじめたらいいかわからない!というWeb担当者さん。
まずはこの4つを実践してみてください、必ず効果が出るはずです。

検索エンジンではなくWeb広告に切り替える

SEO対策で大手企業に対抗するのは、もはや素人では不可能と言っても良いでしょう。
ビッグワードはすでに取られており、Googleの検索アルゴリズムの変更に毎回耐えるにも労力が必要です。

中小企業こそ、SEO頼りではなくWeb広告をおすすめします。
Web広告の代表的なものとして

  • Google Adwords
  • Yahoo!リスティング
  • Facebook、Instagram

などがあります。
これらは代理店を通す必要はなく、自分自身で出すことができます。

多少事前の勉強は必要ですが、広告を利用することでSEO対策なしに検索上位に表示させることができます。
また、facebookなどのSNSを利用することで潜在層にまでアプローチすることができます。

Web広告に興味があるが、どうすればいいかわからない!という担当者様は一度ご連絡ください。相談は無料です!

競合他社と差別化する

競合他社と差別化しろとよく言われますが、実際差別化ってすごく難しいですよね。
そんなときには1コの物事で差別化するのではなく、3コくらいのことで差別化してみましょう。

要は差別化=何かのジャンルで1位になれ、ということです。

美容院だった場合。
「40代女性向けNo.1美容室」と差別化しようとしても実際にはかなり難しいですよね。

40代女性が選ぶ美容室はたくさんありますし、40代女性を対象に1番選ばれる美容室なんて不可能です。
こんなときはもっと細分化して差別化します。

  • 横浜市内
  • 家事で忙しい40代奥様向け
  • フェイスマッサージ付き

このように3コのポイントで差別化してみると、顧客を獲得できそうじゃないですか?
同じ40代女性をターゲットにしていても、ここまで細分化することで1位になることができるのです。

  • 横浜市内=近辺の方は手軽にいける
  • 家事で忙しい40代奥様向け=短時間で完了、低価格など
  • フェイスマッサージ付き=シワ、ほうれい線が気になる方へ

ここまでやると、がっちりとお客様の心を掴むことができます。
もちろん該当しない女性もいるので、そういう方はお客様に向かなかっただけということです。

このような細分化したポイントをWebサイトで大きく推しだしましょう。

コンテンツ不足

Webサイトのコンテンツ不足は致命的です。
コンテンツが多すぎてごちゃごちゃになるのもいけませんが、最低限のポイントは抑えましょう。

  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 営業時間
  • 従業員紹介
  • 電話番号
  • お問い合わせフォーム
  • イベント情報(割引、お得なものなど)
  • 更新情報

このようなものは、最低限用意しておくと良いでしょう。
おすすめとして、便利なツール・情報を少しだしておくことです。

例えば、

  • 飲食店なら→おすすめ時間帯、おすすめコース
  • 資材関係→入荷までの日数一覧
  • キャンプ場→おすすめの楽しみ方、周辺スポット情報

+αの情報があるだけで閲覧しているユーザーはとても嬉しいものです。
「こんな情報誰でも知ってるよな〜」と思うことでも、意外と知られていないことが多いです。

まずは出してみるという姿勢で、些細なことでもコンテンツ化してみましょう。

更新頻度をあげたいならブログがおすすめ

企業のWebサイトの更新というのは正直辛いものがあります。
更新するほどの内容がないというのが現状だからです。

その場合には外部リンクでもいいので、ブログを書いてみましょう。
こんな感じの内容でOKです。(読む人が興味を持つ内容にしましょう!)

  • お得な情報告知
  • 豆知識
  • 従業員紹介

など、週1更新でも十分です。
意外と企業のブログは見られています。

そして、ブログの更新頻度をあげることで会社のメインWebサイトの評価を上げることにもつながります。
Web担当者の仕事として、ブログ更新を入れてみることをおすすめします。

おまけをつける

おまけつきというのは効果絶大です。
具体的には、メルアド登録してくれた方向けに

  • 自宅でできる簡単レシピ
  • 毎日5分でできるストレッチ動画
  • 就活生向け企業情報

などがあります。
おまけがあることで登録者は飛躍的にあがります。

しかも、これらのおまけは電子データなので一度作ってしまえばコスト0です。
さらにメルアド登録してもらうことで、次回からは告知を送れるようになります。

お金を使わずに宣伝ができるようになるというわけです。

まとめ

今回はWebが苦手な担当者さん向けに対応策をまとめてみました。
参考になるものがあると嬉しいです。

実際、ここまでの対策をしてみることで1ヶ月20件ほどのお問い合わせをとることは可能です。
まずは1件でもお問い合わせを増やすために頑張ってみてくださいね。

大切なことはまず実践してみる、ということです。
不明点や質問などはコメント欄やお問い合わせから気軽にメッセージください。

参考にして、回答させていただきます!

人気記事副業ならスキル0から始められるライターがおすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です