iPhone小技|Siriに独自の言葉を覚えさせる方法。『風呂!』で10分タイマーを作動させる

Siriに話しかけるのめんどくさい。もっと楽にならないかな?

どうも、ZUMAです。
今回はこんな疑問にお答えします。

SiriはiPhoneに搭載されている音声認識システムです。
ユーザーの答えに対して自動的に答えたり、アプリを起動させてくれます。

便利なのですが、多少使い心地が悪い。。。
「今日の天気は?」など、決まった文章で話しかける必要があるからです。

そんなときは、Siriに独自の言葉を覚えさせましょう!
こうすることで効率大幅アップです。かなり便利なカスタマイズなので、ぜひ役立ててくださいね。

スポンサードサーチ

Siriに独自の言葉を覚えさせる

Siriって思った通りに動作してくれないこと多いですよね・・・。
単純な動作なら自分の好きな言葉で登録しておくことができます。

設定方法はこちら

設定→Siriと検索のショートカットの候補の中の「すべてのショートカット」を押してみると候補が出ます。
ここから使えそうなものを選択。

例えば、Siriに新しいツイートを作成させる場合。
ショートカットの+マークを選択します。

そして、自分が好きな言葉で録音すると登録されます!

使い方

僕の場合は、「風呂」というと10分タイマーをセットするようにショートカットを作っています。
電源ボタン長押しで尻が起動したら…

ZUMA
風呂!

というだけでタイマーがかかります。

 

【まとめ】死ぬほどどうでもいいiPhoneの雑学

2019年6月11日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です