ついにアップルが5G対応に動き出した?Apple-クアルコムの特許紛争が集結!年内に5G対応iPhoneは出るか?

先日こんなニュースがありました。

クアルコムはiPhoneの通信機能部分に使われる半導体「モデムチップ」をアップルへ供給していました。
クアルコムはアップルに対して半導体の料金以外にも特許の使用料を求めていました。

この使用料が高すぎるとしてアップルはクアルコムを提訴。
さらにクアルコム側からも知的財産権の侵害でアップルを訴えるという泥沼状態だったのです。

この状態はなんと2年続いていました。
そして先日、めでたく和解することなったのです。

この紛争中、アップルはインテルから半導体の供給を受けていました。
しかし先日、インテルは5G事業からの撤退を表明。

この流れもあり、再びアップルとクアルコムが手を組むことになったのではないでしょうか。

スポンサードサーチ

アップルは5Gに乗り遅れている

2019年は5G元年と言われています。
すでに韓国ではサービスを開始しています。

まだまだ品質に問題がありそうですが、時間とともに普及していくでしょう。

アップルのライバル企業であるサムスンなどは年内にも5G端末を発表する計画です。
日本の5Gインフラ整備も2020年の東京オリンピックに向け着々と進められています。

出典:docomo

iPhoneは5Gの合戦の後追いになりそうですね!

実は4Gでも乗り遅れていた

iPhoneは実は4Gでも割と対応は遅かったのです。
初めて4G(LTE)の電波に対応したのはiPhone5。

この頃から公式にテザリングができるようになりましたね!
iPhoneの対応が遅いのは毎度のこと、と言えるかもしれません。

4Gの頃はまだスティーブ・ジョブズもいてカリスマ性のあるアップルだったのですが、今回はどうでしょうか。
信者も少しずつ減っている印象の今だとどうなることやら・・・。

僕はまだまだアップル信者でいます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です