【エックスサーバー】WordPress|SSL化(https://)するためのサーバー側・WordPress側の操作方法

ドメイン取得したけど、どうやってサーバーに追加したらいいの??

どうも、ZUMAです。

では、今回はエックスサーバーに取得したドメインを追加する方法をご紹介します。
手順通りにやれば初心者でも絶対にできますので、安心してくださいね。

手順としては、

  1. エックスサーバーにドメインを登録する
  2. WordPressをインストールする
  3. WordPressでSSL化

という手順です。

ZUMA

エックスサーバー、ムームードメイン利用者向けの記事です。
ドメイン取得方法はこちらを参考にしてください。

スポンサードサーチ

ドメインをエックスサーバーに追加する

エックスサーバーのサーバパネル内の、ドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定に進んだら、ドメイン設定の追加タブをクリックします。
そして、設定したいドメインを入力。(ドメインの取得方法はこちらの記事を参考に)

無料独自SSLを利用するにチェックを入れます。

こちらはhttps://のURLにする設定です。https化されていないサイトの検索順位はかなり低くなりますので、必ず利用しましょう。

すべて完了したら、ドメイン設定の追加をクリックします。

最終確認の画面が出るので、ドメインと、SSL設定に間違いがないかを確認して確定します。

これで、エックスサーバーにドメインを追加できました。
この時点では、http://というURLになっている場合は次の項目を参考にhttps化してください。

※「独自SSLの追加に失敗しました。」と表示される場合。

この表示がされた場合(作られたURLがhttp://からはじまっている場合)
は、SSL化(暗号化)されていませんので、再度設定しましょう。

インフォパネル→ドメイン内の「SSL設定」を選択します。

 

そして、SSL化(https://)したいドメインを選択して、確定します。

すると、SSL化の処理がはじまるのでしばらく待ちましょう!1〜2分程度です。

場合によっては1時間ほどかかる場合もあるようです!

こんな表示になっていれば、無事にSSL(https://)化の完了です!

セキュリティの高いドメインを使うことが可能になりました。
特別な追加料金なしで、暗号化ができるのがエックスサーバーの魅力ですね!

 

サーバー内にWordPressをインストールする

エックスサーバーにログイン後、サーバー管理をクリックします。
WordPressメニュー内の、簡単インストールを選択するだけで可能です。

WordPress側での設定

この手順はすぐに完了させることができるので、WordPressをインストールしたら真っ先にやりましょう!
WordPressのメニューより設定→一般へ進みます。

表示された情報の中の

  • WordPressアドレス
  • サイトアドレス

こちらを確認してください。httpのままになっていると思います。

こちらを半角でhttpsに書き換えてあげます。(全角で打たないように注意!)

そして、『変更を保存』です。
一度、自動的にログアウトするので、再度ログインしましょう!

そうすると、しっかりとSSL化(https化)されているのが確認できます。
これは最初にやっておかないと、あとからは非常にめんどくさくなる作業です。

SSL化必須の時代なので、WordPressを立ち上げたら必ず最初に設定しましょうね!

【完全初心者向け】副業ブログの始め方|ドメイン取得・サーバーレンタル・WordPressの設置まで!

2019年5月28日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です